バーメルト任期最後の定期。2024年 札響東京公演

2024.02.04 (Sun.) 23h05

バーメルトは楽器ごとの強弱のバランスを大変気にされる方だ。主に言われるのは強弱だから、それ以外は自由といえば自由だし、自分たちで音楽を作る姿勢がなければ非常に困る状況になる。事細かに、綿密にリハーサルしたのかと思われがちかもしれないが、現実は異なる。彼のバランス感覚というのは音色や統一感というところで非常に高尚な響きを目指しているのだと感じる。それを一番強く感じたのは、去年フランクやラヴェルといったプログラムを取り上げた時。強くしなやかで、流麗で美しく、品格のある色彩だった。今回のブルックナーも彼の路線を団員全員で共有できたのではないかと思う。

色彩は音色(倍音)の重ね合わせ方や音量のバランスで作られるものだが、日本国内では正直そういう作り方をしている団体は非常に少ない。色彩感についてはジェラール・プーレから長年習ってきたことはソロだろうとオケだろうと通用するものだと身をもって確信してきたが、やっと実践に近づいてきていて嬉しい。



・サントリーホールの音響について
サントリーはキタラやミューザなどの先駆けという意味においてもとても価値のあるホール。
昨年もこのブログで言及したが、サントリーホールの音響は、瑞々しく輝かしい響きであり、視覚以上の空間の広がりを感じさせてくれる。この音響体験は何にも代えがたい。ただ、この特色を活かすには弾き方にかなり工夫が必要だと感じる。札響のホームである札幌コンサートホール(キタラ)とはホールの特性がかなり異なるため、オーケストラとして年一回だけここで演奏するというのは、個人的には前もって心と体の準備と切り替えが必要で、プレッシャーがかかるが、同時に楽しみの一つともいえる。弾き方以前に大切なことは、音の聴き方とイマジネーションの作り方。

なお、このホールは聴く場所によって聴こえ方がかなり変わる。僕が試した限りにおいて、ここは一階前方席がベスト。あとは2階席サイドの舞台寄り。左右のバランスが多少偏っても明瞭さと音の艶があるし視覚的にも面白いのでおすすめ。

クラシック音楽専用のホールはいわば”第二の楽器”。楽器の魅力を引き出し、味方につける。これは演奏家の責務であり、醍醐味だ。

理想と目標

2024.01.30 (Tue.) 00h30

4545DC59-1080-4E3B-8F69-ABD7D7A35364.jpg

出る杭打たれるで小さくまとまっていくより、飛び出た部分にどんどん合わせていく、加えていくアンサンブルというものが好きだ。

全く違う個性を持った実力あるプレイヤーが一つの同じ方向を目指してそれぞれの方法で一斉に音楽を作っていく。そういうのが理想だ。アイディアは惜しみなく出し合い、どんどん変化していこう。

テクニックやメカニズム能力は高い方がいい。なぜなら、表現の幅が広がるから。技巧が素晴らしい、と思わせるのも、結局その技巧自体が表現となっている。アクティブな表現力というのは芸術の根底を支える大事な基盤だ。

ちなみに音圧が増えることを必ずしも指してはいないが、表現に音量は伴うことは多い。

写真は、札響サントリー定期のために宿泊するプリンスパークタワー東京に咲いている梅の花。iPhoneSEで撮影。

サバイバルとは

2024.01.25 (Thu.) 00h27

20240125.jpg

さあ明日も猛烈な暴風雪だ!警報でiPhoneが鳴りっぱなしだ!!
という訳で、冬季の持ち物を備えの点検を兼ねて、その一部と、用途などをご紹介する。
僅かでもご参考になれば幸いだ。。。

腕時計
ナッツなどの非常食類
チタンマグカップ
エアクッション

オイル式ハンドウォーマー
懐中電灯


腕時計
スイス製のクオーツ式。10気圧防水で堅牢な造りをしている(3〜5気圧が一般的)。スマートウォッチは太陽フレアやEMP攻撃、日常の物理的な衝撃まで様々な脆弱性があるし、多機能ゆえソフトの不具合も多い。なにより「充電」しなきゃいけない。電力会社による絶え間ない電力供給という、ある種の他人任せがどうしても納得できず、これを持つ予定は今のところない。他助・公助は自助という土台の上に活きる(自戒の意味も込めている。)

なお、太陽が出ていれば大まかな方位を知ることができる。アナログ式ならでは。

ナッツとチョコレート
食料を持参し忘れた時のためなどに常備。チョコレートやおつまみ大袋から家で補充。糖分と塩分、若干のミネラルが補給可能。

シングルチタンマグカップ
スポーツようかん、非常用ホイッスル、携帯ラジオ、ダクトテープ(約3m)、防水マッチとファイヤースターター、燃料、予備の電池などが入っている。上記のナッツ缶かチタンマグのどちらを忘れても食料は(かなり最低限にせよ)確保できるようにしている。シングルマグなので直火で水を沸かすことが可能。

エアクッション
冬の雪国では、屋外で雪の上に腰を下ろしてはならない。低体温症になる。怪我や災害等で腰を下ろす必要がある場合に必要。


人間は食料より水のほうが大事。

オイル式ハンドウォーマー
ジッポーオイルとプラチナ触媒によって発熱するカイロ。燃えるわけではない。かなり暖かい。

懐中電灯
リチウム乾電池により氷点下でも動作する。

以上に加え、ポーチには救急セットなどが入っている。

なお、徒歩で帰宅できない距離の遠征の際には、火おこしの道具を追加、シグナルミラーやヘッドランプ、inReachExplorerなども適宜追加する。


最後に、災害対策で僕が気をつけているポイント。
・揃える道具は、ある程度コンパクトで、「特定用途に限定されないもの」を中心に持つ
・知識と知恵が最も強力な道具
・懐中電灯、靴、防寒着は、スペックの高いものが必須
・安い道具や、用途が限定された道具は、緊急時に活用できないケースが多い。揃えるべきは便利用品ではない。
・Two is one and one is noneという言葉がある。英国の特殊空挺部隊が発祥と言われている。おそらく日本であまり知られていない言葉。要は「大事なものはバックアップを必ず持っておきましょう」ということ。