FC2Ad

--.--.-- (--.) --h--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水と光と空気の色彩

2017.03.08 (Wed.) 21h50

水と光と空気の色彩

噴水の両サイドから創られる霧が、光の美しいグラデーションを創り上げる。




IMG_6801 - バージョン 2




IMG_6799



上野恩賜公園にて撮影した。
Canon PowerShot G15
33s , ƒ 5.6
ISO 80

夜景 六本木ヒルズから

2015.12.20 (Sun.) 01h27

湿度が低く、風が強い。今日のような天気は中々訪れない。この日を逃すと、次はスケジュール的に数ヶ月後になるので無理して行った。


東京タワーと、地上に広がる光の軌跡


東京タワー、スカイツリー


光の川


東京タワー、首都高


東京タワー



半月

半月と深夜の東京


広大な夜空に浮かぶ半月


夜空に浮かぶ大きな半月。手が届きそうだった。
雲は無く、視界を遮るものは、何もない。

遠い過去と未来を思い出すようだった。


光の色

2015.12.19 (Sat.) 01h43

暗い夜の光


先ほど隅田川で、数ヶ月ぶりに夜空を撮影した。雲が流れている。その先に天から与えられるのような光が見える。

明るいとか暗いとか、楽しい悲しい、そういう人間的などと表現されるような日常的な感情、エモーショナルな世界は疲れた。別にそれらを否定するつもりはないし、私にもあるし、感情は人を変えてゆくと思う。しかし雑念へも繋がってしまう。そして思考も感性も混沌としてゆく。
世俗から離れた領域(心的にでも場所的にでも、どちらでも、あるいは両方)での祈りや信仰心は人間の心から来るものだが、それは一般的に云われる「人間らしさ」が意味するものとは違う。静謐は「人間らしさ」の先にある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。