サバイバルとは

2024.01.25 (Thu.) 00h27

20240125.jpg

さあ明日も猛烈な暴風雪だ!警報でiPhoneが鳴りっぱなしだ!!
という訳で、冬季の持ち物を備えの点検を兼ねて、その一部と、用途などをご紹介する。
僅かでもご参考になれば幸いだ。。。

腕時計
ナッツなどの非常食類
チタンマグカップ
エアクッション

オイル式ハンドウォーマー
懐中電灯


腕時計
スイス製のクオーツ式。10気圧防水で堅牢な造りをしている(3〜5気圧が一般的)。スマートウォッチは太陽フレアやEMP攻撃、日常の物理的な衝撃まで様々な脆弱性があるし、多機能ゆえソフトの不具合も多い。なにより「充電」しなきゃいけない。電力会社による絶え間ない電力供給という、ある種の他人任せがどうしても納得できず、これを持つ予定は今のところない。他助・公助は自助という土台の上に活きる(自戒の意味も込めている。)

なお、太陽が出ていれば大まかな方位を知ることができる。アナログ式ならでは。

ナッツとチョコレート
食料を持参し忘れた時のためなどに常備。チョコレートやおつまみ大袋から家で補充。糖分と塩分、若干のミネラルが補給可能。

シングルチタンマグカップ
スポーツようかん、非常用ホイッスル、携帯ラジオ、ダクトテープ(約3m)、防水マッチとファイヤースターター、燃料、予備の電池などが入っている。上記のナッツ缶かチタンマグのどちらを忘れても食料は(かなり最低限にせよ)確保できるようにしている。シングルマグなので直火で水を沸かすことが可能。

エアクッション
冬の雪国では、屋外で雪の上に腰を下ろしてはならない。低体温症になる。怪我や災害等で腰を下ろす必要がある場合に必要。


人間は食料より水のほうが大事。

オイル式ハンドウォーマー
ジッポーオイルとプラチナ触媒によって発熱するカイロ。燃えるわけではない。かなり暖かい。

懐中電灯
リチウム乾電池により氷点下でも動作する。

以上に加え、ポーチには救急セットなどが入っている。

なお、徒歩で帰宅できない距離の遠征の際には、火おこしの道具を追加、シグナルミラーやヘッドランプ、inReachExplorerなども適宜追加する。


最後に、災害対策で僕が気をつけているポイント。
・揃える道具は、ある程度コンパクトで、「特定用途に限定されないもの」を中心に持つ
・知識と知恵が最も強力な道具
・懐中電灯、靴、防寒着は、スペックの高いものが必須
・安い道具や、用途が限定された道具は、緊急時に活用できないケースが多い。揃えるべきは便利用品ではない。
・Two is one and one is noneという言葉がある。英国の特殊空挺部隊が発祥と言われている。おそらく日本であまり知られていない言葉。要は「大事なものはバックアップを必ず持っておきましょう」ということ。

Comment(s)

NOTICE:
i. 次の確認画面ではコメントのタイトルやパスワードの入力欄がありますが、入力しても反映されません。
i.. 投稿後の編集はできません。