FC2Ad

香りの記憶

2017.03.26 (Sun.) 22h42

Chanel pour monsieur et mon violon

恩師ジェラール・プーレからいただいたシャネルの香水。2010年の冬、レッスンでご自宅に伺ったその帰り際、お部屋から小さな箱を持ってきて「君にあげる」と手渡されました。スプレータイプではない、まさに香水瓶。
当時は香水に全く興味がなかったのですが、年季の入った箱に入った香水瓶を尊敬する恩師から手渡され、新しい世界を垣間みた瞬間でした。笑

あれから6年。久々にキャップを開けてみたら、当時と感じ方が全く違い、驚きました。

その香りには品があり、格調高く、程よい甘さの中に凛とした芯を持っている。
まさにプーレが本番で演奏している時のオーラなのです。

香水は古くなると香りが変化してしまうとよく言いますが、この香水はむしろ、より良い香りに熟成している気がします。笑

なお、プーレ先生による直近の大きなリサイタルは5/5の14:00、紀尾井ホールで行なわれます。
プーレ先生のお父様はドビュッシーのヴァイオリンソナタを初演した指揮者兼ヴァイオリニストであり、そしてこの5/5はその初演から丁度100年目という、記念すべき日となります。
オールドビュッシーのプログラム。私は今から楽しみにしています。
詳細はこちらから。ジェラール・プーレ ヴァイオリンリサイタル 〜ドビュッシー三昧〜

そしてそして、私自身のコンサートと、演奏の場を、今年は徐々に増やしてまいりたいと思います。
詳細が決まり次第、追ってお知らせいたします。

Comment(s)

NOTE:
・絵文字がご使用いただけます。
・コメントは公開されます。 ・ブログの仕様上、次の確認画面ではタイトルやパスワードの入力欄がありますが、入力しても反映されません。