R.シュトラウス 英雄の生涯

2022.04.24 (Sun.) 00h18

IMG_0889 (1)

本日は札響第644回定期、メインはリヒャルト・シュトラウスの英雄の生涯でした。2年ぶりの16型となります。

この作品の特徴といえば、まさに、豪華絢爛、異次元の輝きを連想させる音響、活力と希望、愛に満ちた世界が展開されることと言えます...。

骨格は意外にもシンプルです。弦を奏者ごとに分けるdivisiは音響効果も弾きやすさも抜群だし、スコルダトゥーラという調弦のピッチを下げる特殊技法も無理なくこなせるように作られています。演奏効果が高いし、物理的に不可能な指示や音も一切ありません(あくまでもヴァイオリンパートでの話ですが..)。大好きなR.シュトラウスでこの月を迎えられて嬉しいです。奏者全員で合わせづらい音型はむしろ合わないほうが音響効果が望めるなど、特性というものを存分に活用した名作です。

写真は澄んだ空気の中の星空。長時間露光により月と星をこのように撮ることができました。

-----蛇足

作品の中間部では”敵”との闘いと、敵に見事勝利する姿が描かれる。敵とはシュトラウスにとっての評論家だの外面的なものに留まらない。すなわち、恐怖心や猜疑心、誘惑を囁く悪魔など心に潜む魔物や怪物であり、それらとの死闘の末に漸く”勝利”を勝ち取るようにも受け取れる...。

Rシュトラウスがこの作品について自分の人生を描写した音楽だ、などと発言しなくて本当に良かった。シュトラウスの友人の助言により今日では場面ごとに副題がついている。しかし出版されたスコアでは結局削除されているため、やはり副題は本意ではないようだ。

室内楽コンサート

2021.11.12 (Fri.) 18h47

室内楽コンサートをします。チケットのご用命は私までお願いいたします。
以下のリンクより簡単に申し込めます。

チケット注文フォーム

曲目はサン=サーンスのヴァイオリンソナタ、ドヴォルザークのテルツェットなど。
上記二曲は私がヴァイオリンソロと1st ヴァイオリンを演奏します。

11月19日(金) 19時開演(18時開場)
会場:エルムホール(札幌市手稲区)
一般 ¥3000  高校生以下 ¥1500

ふる川

2021.08.24 (Tue.) 23h42

「ぬくもりの宿ふる川」の札響コンサートでピアノと演奏しました。
ピアノは水口真由さんで今回が初めての共演です。

F. Kreisler : レチタティーヴォとスケルツォ
ジョン・ウィリアムズ: 揚雲雀(The Lark Ascending)
F.Kreisler : シンコペーション
イザイ編曲: サンサーンス作曲のカプリース:ワルツ形式の練習曲op.52-6より
J. Brahms : ヴァイオリンコンチェルト op.77 より第2楽章(本来のアンコール)
マスネ:タイスの瞑想曲

MCで、私がなぜかブラームスのヴァイオリンコンチェルトをアンコールだと申し上げるのを完全に忘れていたこともあり、本来アンコールのはずだったブラームスを弾き終えた後に、客席のお客様全員から熱烈なアンコールを頂いたため、文字通りその場でアンコールを決めました。

タイスの瞑想曲はすぐ弾けるか水口さんに尋ねたところ楽譜もあり弾けるとのお返事を頂いたので決めました。もしNGならWieniavskiかバッハの無伴奏でも弾くつもりでした。リハなしでその場での一発ですが息がぴったりで安心しました。

以前にもアンコールが出ないと想定していた、あるいは用意している以上のアンコールを頂いた経験があり、普段からアンコール用のレパートリーの楽譜を何曲か持ち歩いていたのですが、ここ1年はCOVID-19で演奏会減少もあり楽譜が役に立つことがありませんでした。ですので重量を減らすために今回は楽譜を持っていませんでした。彼女が楽譜をiPadでみていたことに助けられました。

なお、ブラームスは今年の2月に札幌交響楽団とソリストとして共演する機会を頂いた時に演奏した作品です。


みなさまご来場いただき本当に有難うございました。
明日は札響ロビーコンサートの収録です。3人でDvorakのテルツェット(三重奏)を演奏します。

InstagramやYouTubeも随時更新していますので是非、フォローやチャンネル登録を宜しくお願いいたします。