バーメルト任期最後の定期。札響サントリー定期

2024.02.04 (Sun.) 23h05

バーメルトは楽器ごとの強弱のバランスを大変気にされる方だ。主に言われるのは強弱だから、それ以外は自由といえば自由だし、自分たちで音楽を作る姿勢がなければ非常に困る状況になる。事細かに、綿密にリハーサルしたのかと思われがちかもしれないが、現実は異なる。彼のバランス感覚というのは音色や統一感というところで非常に高尚な響きを目指しているのだと感じる。それを一番強く感じたのは、去年フランクやラヴェルといったプログラムを取り上げた時。強くしなやかで、流麗で美しく、品格のある色彩だった。今回のブルックナーも彼の路線を団員全員で共有できたのではないかと思う。

色彩は音色(倍音)の重ね合わせ方や音量のバランスで作られるものだが、日本国内では正直そういう作り方をしている団体は非常に少ない。色彩感についてはジェラール・プーレから長年習ってきたことはソロだろうとオケだろうと通用するものだと身をもって確信してきたが、やっと実践に近づいてきていて嬉しい。



・サントリーについて

サントリーはキタラやミューザなどの先駆けという意味においても価値のあるホール。サントリーホールの音響は、瑞々しく輝かしい響きであり、広がりを感じさせてくれる。ただ、この特色を活かすには弾き方に工夫が必要。札響のホームである札幌コンサートホール(キタラ)とは特性がかなり異なるため、オーケストラとして年一回だけここで演奏するというのは、個人的には前もって心と体の準備と切り替えが必要でプレッシャーがかかると同時に楽しみの一つだ。弾き方以前に大切なことは、音の聴き方とイマジネーションの作り方。
クラシック音楽専用のホールはいわば”第二の楽器”。楽器の魅力を引き出し、味方につける。これは演奏家の責務であり、醍醐味だ。

理想と目標

2024.01.30 (Tue.) 00h30

4545DC59-1080-4E3B-8F69-ABD7D7A35364.jpg

出る杭打たれるで小さくまとまっていくより、飛び出た部分にどんどん合わせていく、加えていくアンサンブルというものが好きだ。

全く違う個性を持った実力あるプレイヤーが一つの同じ方向を目指してそれぞれの方法で一斉に音楽を作っていく。そういうのが理想だ。アイディアは惜しみなく出し合い、どんどん変化していこう。

テクニックやメカニズム能力は高い方がいい。なぜなら、表現の幅が広がるから。技巧が素晴らしい、と思わせるのも、結局その技巧自体が表現となっている。アクティブな表現力というのは芸術の根底を支える大事な基盤だ。

ちなみに音圧が増えることを必ずしも指してはいないが、表現に音量は伴うことは多い。

写真は、札響サントリー定期のために宿泊するプリンスパークタワー東京に咲いている梅の花。iPhoneSEで撮影。

ホリガー指揮 札響10月定期(2023年)

2023.10.13 (Fri.) 20h02

391760658_7094746647226170_4340602455055651288_n.jpg

札響定期のロビーコンサートにてバルトークの無伴奏ソナタを演奏しました。帰り際に多くの方からお声をかけて頂きとても嬉しかったです(なんと札幌駅でも!)。そして団員の方々から本当に温かい言葉をたくさんかけて頂けて充実感でいっぱいです。皆様に心から感謝いたします。

毎回そうですが、ロビーコンサートのソロも本編の定期も命がけで演奏しました。
原典版で演奏しました。つまり微分音も活かしました。約10年前に日コン3次で演奏した時には全てossiaで弾いていたのが今は悔やまれます。今回はリベンジです。原典版で弾こうとすると解釈が全く変わるし、今では感性や技術の変化(向上だと思いたい)と蓄積によって当時とは全く違う演奏になりました。

ホリガー氏はロビーコンサートを聴いてくださったらしく、終演後嬉しい言葉をたくさん頂きました。原典版であることも気づいていると仰っていました。素直に嬉しい...。3日間の定期リハーサルでたくさんのことを教えてくださったホリガー氏に心から感謝しています。

定期後半ではバルトークの弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽を演奏しました。2nd Vn.(group1)のトップサイドで責任大きく、今回の定期はやり甲斐のある挑戦的な内容でした。首席である隣の桐原くんは相変わらずアンサンブルが上手だしお茶目でとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。